砂漠日記

相撲についての気持ちを中心に

泥棒のせいで気が狂いそう/SMの極北

気が狂いそうだ。泥棒(レイプ犯?)と鉢合わせしてから、窓も開けられないのでエアコンをつけているのだが、なんか具合悪い。あとメンタルがやられて食欲がない。

身体を鍛えて、泥棒が入ってきたらいつでもしばき倒せるようになりたい。

泥棒がやってきたことを考えると泣きそう。辛い。ほんとうの事はわからないし、これは女性の性的被害を矮小化しているかもしれないけど、痴漢にあった女性の気持ちもこういう感じなのだろうか。ほんとうにヤバい。実家に帰りたい。

 

物件を探しているけどどこがいいのかわからない。漠然と「西武線らへんは嫌だな」という気持ちがあるだけ……、大して西武線を使ったことはないけども……。

ポジティブになれと言われても、こんな事態でポジティブになれる人間がいるだろうか?そんな人間はあまりにも鈍感か、ロボトミー手術を受けて感情が死んだ人間だ。

絶対捕まんないだろうなあいつ。苦しんで死なねえかな。足元から動物に食われるとかそういうやつで。家の立地からして相当な下見してるよあいつ、苦しんで死なねえかな。ウクライナ21みたいな感じで。

 

仕事が忙しすぎる人間って性的に逸脱する傾向がある。非常に忙しい友達が「闇鍋会」というSMクラブにハマっている。

闇鍋会は自分で拘束と目隠しをして女王が入ってくるのを待ち、やってきた女王の顔は最後まで見えないままプレイ(プレイ内容は「普通」らしい)するシステムらしい。

全裸で文字通りの「自縄自縛」をし、目隠しをする自分を想像すると情けなすぎる。

僕は通常の感じでいじめられる普通のSMクラブでも「おい!やめろよ!」と言ってしまう気がするのだが、これは本当に無理だと思う。

そこまで自分を捨てられない。ぜったい出来ない。ウーン。それとも出来るのか?いやぜったい出来ない。金もらってもできないな。100万くらい貰っても出来ない。情けなくて泣いてしまうと思う。あいつはバカじゃないのか。なんなんだよ!クソ!

  

闇鍋会のことを考えている場合じゃない。早く家を探すのだ。ストレスで顔面神経痛と手汗が止まらない。こんな辛い事はそうそうないんじゃないだろうか。煉獄かな?神が与えた試練なの?入院したい。キツイ。無理。

泥棒殺す

泥棒が入ってきた。もしかしたら泥棒じゃないかもしれない。レイプ目的かもしれない。

 

夜の10時に寝ようと思って消灯して15分くらいしたら、10センチくらい開けていた網戸が開く音がした。

毎日腹筋をしているので、すごい瞬発力を発揮して窓を見ると、前髪で目を隠したガリガリの男がいた。キュウソネコカミってバンドがいるが、そのメンバーにいそうな感じ。誰1人としてメンバーのことは知らないけれども……。サブカルっぽい見た目なのだ。

部屋は2階だが、隣の家のひさし?が突き出ていてそこを登ってきたのだ。

絶叫したら逃げていった。即110番した。それから5時間くらい、聴取されたり犯人の顔を似顔絵にしたりした。

 

それから気分が塞ぎ込みがちになって、ちょっとコンビニに行くのでも後ろを確認してしまうし、夜に外出したくない。催涙スプレーを買ってみた。それに窓を開けたらヤツが来ると思うと、もう2度と窓など開けられない。

仕方ないのでエアコンをつけているが、完全に冷房病である。体調がすぐれない。

 

メンタルもフィジカルもダメだ。

それに毎日ネイチャーメイドのビタミン剤を飲んでいるのだが、それを飲むと1日ずっと胃もたれがする。飲まない方がマシ。

 

その他今週あったこと

・毎日セブンイレブンのモツ煮弁当をランチにしてたら、「昼に食うもんじゃないですね」と言われる

・中学のときの同級生に100枚くらいハメ撮りを見せられ、バンドマンはすごいなーと思う

・引越しするけど、本が多すぎるのでダンボール1個5000円とかで誰かに売りつけたい。

狂人マンション、どうかなってしまう

とうとう隣居に人が入った。ここまでかもしれない。

 

隣人もうるさいとなれば、上階の人間が風呂で屁をこくのが聞こえる、下階の人間は常に棒を携えて隙あらば突いてくる。

完全な四面楚歌になってしまうぞ。

隣人がいい人であることを祈りつつ、洗濯物の感じからいって女子大生もしくはOLのバイブスなので、これは絶対夜に人を呼ぶぞ。と今から暗澹たる気持ちに。

こうなれば誰かの家に転がり込む他ないが、転がり込むほど親しい人がいない。

孤独な上にマンションがヤバい。気が狂って死ぬかも知れない。

 

週末の出来事。

中華料理屋に入ってみたら完全に普通の民家のようだった。

家具も完全に家で、ニトリのようなテーブルに通される。情け程度に中国人っぽい商売繁昌のためのポスターみたいなものが貼ってあるが、全然中華料理屋の感じがない。

「これはマズいぞ」と思うが、時すでに遅し。

回鍋肉定食を注文。これまた普通のキッチンで調理している。微妙に嫌な夢のような店だ。

親父がテーブルの脇で木工をやっていて、気まずかった。

回鍋肉が来たと思えば、量がめちゃ多い。早く出たいのに!ともどかしい気持ちになりながら食べるが、親父が木工をやめない。

突然帰郷した際にあまり仲が良くない父親と2人で居合わせてしまったような空気で、お互いに気まずいながらも会話なしみたいな感じ。

飯を残すのが嫌いだ。飯を食べるための並ぶのもさもしい感じがして嫌。

そのせいで学生時分は学食に並ぶと、乞食のような気分で屈辱的だった。

回鍋肉を食べ進める。減らない。

米まずい。柔らかい米をデカい釜で保温したままになっているやつだ。

結局、残すことになってしまって、「こちらよろしいですか」と言われた時に「すいません」と謝る。

親父に「今度は美味しい米にしておきますから」と言われ、更にいたたまれない気持ちになって帰宅した。

わざわざ雨の中、「週末に一歩も家から出ないのはダメだ」と思って外出したのに。

気を揉みながら食う飯は良くないですね。

 

家の周りに美味い店がない。

スーパーもない。ヤバいババアが5分かけてレジ打ちをするセブンイレブンと電車の中で自慰してるのを目撃した店員が働くファミマしかない。

 

不毛の地だ。引っ越したい。

 

f:id:sabakurikishi:20170619172305j:image

 

めしぬまというマンガ、射精しながら飯食ってんのかな。もう完食と共に射精すればいいのに。

 

牡蠣を食うセンスがないと言われた

友人の博士号取得を祝う飲み会の後、二次会の代わりに官邸前に行こうぜという流れになったが体調が悪いし、辞する。
死ぬほど生牡蠣を食べたので食中毒気分になってしまって、すでに気持ちが先行していた。

半数以上がタクシーで官邸前へ行った。

結局牡蠣屋から3キロくらい歩き、なんとなく牡蠣の毒が抜ける気がして途中でサウナに入って帰宅。上階の人間がうるさくて気が滅入る。

教授に「今の時期は南半球の牡蠣がうまい」などと言われたが、食べ比べセットでもイマイチ違いがわからないと言うと、「お前にはもったいない」と言われそれ以降「お前は食う資格がない」と生牡蠣に手を伸ばすたびに言われる。

 散々生牡蠣を食べた末に、教授が「まぁ牡蠣の食べ方は焼き牡蠣だよね。生は出汁が出ないでしょ」と言い、全員が満場一致で最初からそう言えと思った。

遺影の研究で博士号を取った男はなにもしなければ小藪なのに小技(ヒゲ、髪、メガネ)を使って松田龍平に寄せている。乃木坂46の生駒似の美人の彼女と雑司が谷で同棲している。

 

 

今週は本当にダメで、体には元気があるのになぜだかやる気がでない。

月曜に代休を取っていたが1日なにもせず延々とウィキペディア226事件について調べていた。皇族にも詳しくなり人間関係を把握する。

「もしかして、結構キテる?」と思い、DHCの「ハッピーハーブで前向きに!」とパッケージに書いてある「セントジョーンズワート」なるサプリを購入して飲んでみたら、それが原因かわからないが手の震えが止まらなかった。マジで本当にキテいるのかもしれない。

 

男が犬とゴルフをしている柄のアロハを2万くらいで買ったが自分でも意味がわからない。

店員に「ヴィンテージで60年代でこの柄は珍しくて今年の夏はこれですよ絶対に買いです僕もほしいくらいです」などと言われると、ついイケている気がして購入してしまう。

 

近所のコンビニのヤバい女は5分くらいかけてレジを打つのだけど、あれは若年性アルツハイマーの初期症状なのではないだろうか。 SMの女王の顔には似た傾向があると思ったがあれは化粧で顔をキツく見せようとするとそうなるだけか。

そんな1週間だった。来週は結婚式がある。

下階の動向/三回忌/散髪/野火/癇癪と色気

下階の人間が棒で天井を突いてくる(不満の表明)のに悩まされすぎて、管理会社に2度目の抗議。1度目は「絨毯を敷いてみてください」みたいな、マジ?って感じの回答だったんだけど、今回は入り口のところに住民全員へのメッセージとして貼り紙がなされた。

それからまったく下から突かれることはなくなった。上の人間を脅迫する度胸があるくせに管理会社からの警告には素直に耳を貸すのか。

その貼り紙には「住民の生活音は持ちつ持たれつです」みたいなことが書いてあるんだけど、本当そうですよ。

わたしも毎日上階の人間が風呂に入っていて、湯船と尻が擦れる音とか聞いてるからな。

 

祖父の三回忌だ。ちょっと信じられないくらいの金額がかかる。「慎ましく暮らせば1年くらい余裕じゃない?」みたいな。

祖父はお世辞にも良い人間とは言えず、金で極楽へ行く権利を勝ち取ったのだ。

祖母が全額負担するので知ったことではないのだが、祖母が死んだら実家の懐はどうなってしまうんだ。心配だ。

 

散髪した。フェイスラインがもたついているので、思い切った刈り上げにしたら思いっきりニートっていうか坊ちゃんっていうか、そういう感じになった。80年代のバレー部員が出来る目一杯のオシャレという雰囲気もある。

 

ロシア人に「大岡昇平の野火でフィリピン人の女をなんで犯してから殺さなかったんだ」と聞かれ、「する必要ないじゃん」とか答えたんだけど、いま思えばあれは戦争を知らないが故に最も悲惨な部分が強調されて「戦争=レイプ」みたいな図式がどの場合にも当てはまると思っているんじゃないだろうか。

塩を舐めて喜んでる人間がレイプしたら死ぬと思うし、女といっしょにいた男は逃げたんだから背後を取られて殺されるかもしれない。

そもそも占領できていない土地でレイプするのは迂闊すぎないか。

 

そんな1週間だった。今週は「双子座グラフィティ」と「癇癪と色気」ばかり聞いた。

「癇癪と色気」のタイトルは宮武外骨が出版していた新聞のコンセプトのことだね。

キリンジの曲に出てくる店で豚の脳みそを食べた話

きのう雲呑ガール(キリンジの楽曲)に出てくる上海料理店に行った。サソリや豚の脳みそを食べるためだ。

タイトルはキリンジにしたが、それはそっちの方がわかりやすいと思ったからで、KIRINJIであることはわかっているのでファンの人は怒らないでほしい。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000235/

 

↑ここです。「上海小吃」。

 

本当は今日行く予定だったんだけど、色々あって昨日に前倒しされた。東口に20時30分ほどに集合して歌舞伎町方面へ向かう。

おぼろげに東口の交番あたりにいると、交番の中から「そうだよね!あんたら警察ってそういう組織だもんね!」と女性の叫びが聞こえてきて、「これは幸先がいいな……」と思った。

わたしが誘ったにも関わらず、同伴した人はGoogleマップを起動して店の位置を探してくれる。

 

久しぶりに歌舞伎町に行ったけど、あれは本当にサグいですね。「おかまバーどうですか?」って言われたし。

 

前に歌舞伎町に行ったのは、水タバコを吸いすぎて終電を逃して金もないし、仕方なく花園神社で飲酒していたら、座っていた石の冷たさで友達が腹を下したのでトイレを探して24時間営業の喫茶店に行って以来だ。

 

新宿とか大久保らへんのコンビニって治安上の問題でトイレを貸してくれないから、下痢しがちな人は大変だ。

コンビニでトイレを使えるか否かで治安を判断すればいい。

 

ちなみに神楽坂のファミマはダメだった。あの街の表層は高級でオシャレっぽいが何か闇を抱えているのだろうか。そういえば神楽坂は花街だったんだな。

 

雲呑ガールの歌い出しは「風林会館前集合」だが、ほんとうに風林会館から徒歩30秒くらいのとこにあるし「寝ぼけたネオン 左手に見たら怪しい路地滑り込みセーフ」っていうのは実に説明的な歌詞であり、堀込高樹の言う通りにしたらたどり着ける。親切である。

 

行った瞬間に謎のお通しが出てくる。青島を頼む。安くはない、高くもない。

雲呑ガールのようにナンパした女の子をここに連れていくのは間違った選択だ。

わたしは「不倫相手にドタキャンされたんで暇なんですよね」という女の子と行った。

 

むしろ不倫相手と行ってほしい店だ。

 

「俺いい店知ってるんだよね」と言って、庶民的かつマイナーで美味しい小汚ない居酒屋などに吉田類を気取って連れていって女の子に「すごーいこういうとこって普段来ないから〜」などと言われたい輩がいるが、この店は選択から除外すべきだ。

 

料理は美味い。メニューもいっぱいあるから楽しい。

でもやっぱり、「めっちゃ食ったし飲んだなー」ってなるには自分の金じゃなくて他人の金で食いたいなっていう金額なんだよな。

そこで「過払い金が戻ったから」なんだな。そういう不意に入った金で行きたい。

 

ラブホ街があって、風林会館があって、あの路地っていったら、あの歌詞書きたくなるのわかる。

とりあえずという感じで、豚の脳みそとサソリと揚げパン(豚の脳みそに擦りつけて食べると美味いと食べログに書いてあった)を頼む。

 

2人なのに6人掛けのテーブルに通される。6脚の椅子が全て違う。

「椅子でもなんでも食べた」結果なのか、と思う。

先日、北京人が広東人をバカにして同じことを言っていたけど上海人もそうなのかな。

 

f:id:sabakurikishi:20170602184822j:image

 

先に豚の脳みそが出てくる。見た目は完全に白子だが、「ここって延髄?」みたいな箇所があって「やっぱ脳だな」と思う。

豚ってかなり賢い動物で7歳くらいの知能があるらしい。

 

「割と脳だね」

 

「結構グロいな」

 

など会話しつつ食べる。

 

処理の甘いモツの味がする。素材自体は美味しくないが、味付けは美味しい。

よく考えてみれば、素材が美味しければ、もうすでに市場に出回っているはずなのだ。こういった店でしか食べられないって時点で美味しいわけがないのだ。

だけど冷静になってしまっては、次にやってくるサソリをやっつけられない。

 

その時に、視界の隅で一緒に来た女の子の手首に幾筋もの躊躇い傷を認めてしまった。

 

ゲテモノ料理屋で俺は会社の上司と不倫している病んだ女と豚の脳みそを食っている。

 

明らかに状況がキツイ。気分が淀んだ。まともじゃない。大人としてダメだ。

手首の躊躇い傷を見たのは中学時代に「見て、猫にひっかかれたの」と言って一人称が「オイラ」の女の子にそっと見せられて以来かもしれない。

 

なんか幸が薄い感じしていたんだよな。そりゃ不倫もするよ。

以前病んだ女の友達が彼氏とのセックス中の躊躇い傷舐めプレイの話を聞いたけど、この子も上司としているのだろうか。

 いやな想像をしてしまった。

 

サソリが来た。小さいのがいっぱい盛り付けてあるやつのつもりが、デカイのが2匹のやつが来た。これはダメだと思った。

 

f:id:sabakurikishi:20170602184841j:image

 

尻尾と手足はパリパリしていて余裕なのだが、腹の部分がキツイ。「沼に住んでる小エビ」の味がする。あとひっくり返したら完全に虫だった。

 

f:id:sabakurikishi:20170602184855j:image

 

6人掛けの席で4人の男女と相席になった。他の席は空いているのに。

 

明らかに合コン帰りと分かる4人だ。合コン帰りに来んな!きっと上記の理由で少し選択を間違った男達なのだ。

ストリート系のファッションの男(カシャカシャしたジャンパーに帽子、女の方は清楚っぽい服装、男が吸っているタバコはアメスピ)、バカ!

 

だけど会社の上司と不倫している手首に躊躇い傷がある女とサソリを食ってる人間がとやかく言えた義理じゃない。

 

「わたしキャバ嬢に向いているって言われるんですよ〜」

「青島って読むんですか〜」

嬌声が響く。このあとPASHA(高めのラブホ)行くのかな。

 

でもまあ楽しかったんですけどね。

なんか、ちょっとそういうの珍しがってくれるような女と行ったらいいんじゃないですか。アトラクションだと思えば2人の距離も縮みますよ。普通に中華美味しいし。食べログで3.61点だし。ビールがぬるい以外はいい感じ。

 

11時頃に電車で帰宅。サソリの横に「元気になります」と書いてあったが、特にそういった兆候はなし。

むしろ「豚の脳みそなんか食べたけど大丈夫かな」と不安でいっぱいになっちゃって、気分が食中毒って感じ。

わたしがKIRINJIのライブへ行った経験

KIRINJIにはまって一カ月くらいだが、ライブに行った。

最初に乗り換えを間違えて「赤坂っぽいけど赤坂とはいえない」みたいなとこで降りてしまって、タクシーで赤坂BLITZに行った。

 

凄かった。メンバーが全員手練れなのもあって安心感がある。

そしていちばん気になるのは、もちろん兄高樹なのだが、以前見たアー写では前髪が短くてぱっつん気味な「藤田嗣治風」だったのに、前髪が伸びたことによって昔と同じようなサラリーマンスタイルになっており、またボトムスがリーマン感を覚えさせるスラックス風味だったので「サラリーマン」だった。

無表情のまま歌ってシャウトをするので、なんか恐ろしい。感情の伴わないサイコパスみたいに見える。

サイコパスサラリーマン!!!

あと思ったより歌うまい。

 

その次にノーナリーブスというバンドだったのだが、このバンドのボーカルは早稲田出身らしく、あんな短いMCに、50回くらいは早稲田って言っていた。

わたしは愛校心のある人間が嫌だ。そこにアイデンティティを求めることは卑小に見えるからだ。

 

最後にライムスターが出てきて、Great Journeyをやったのだが、これは絶品。

あの宇多丸という人は、きっと四六時中エッチなことを考えているのだと思った。

やはりラッパーということで、盛り上げ上手だと思った。

ここでも早稲田の絡みがあった。ノーナリーブスのボーカルは本当に早稲田の話をしまくっていた。

しかし高樹は早稲田出身だけど、そこに乗らない。クールだと思った。

 

歌について。

高樹がしきりに「これはいい曲なんですけど」っていってから演奏していたんだけど、それは本当だ。

高樹の「愛のcoda」良かった。

「嫉妬」が凄かった。泰行(弟)のバージョンは「なんか童貞っぽいやつがエッチなことを歌わされている」という感じがあって、それはそれでいいんだけども、高樹バージョンはなんか変に生々しい。

あの曲はおそらく、「漁師小屋で浮気をしている女と関係は冷め切っているのに寝取られ心をくすぐられている男がそのシチュエーションに興奮している」という内容なんだけど、高樹が歌うとなんか聞いてはいけないものを聞いてしまったような気がしてしまう。

家族でテレビを見ていたら濡れ場とか、お父さんが泥酔して下ネタ言ってるとか、そういう感じなのだ

赤面しつつ、弓木さんがボーカルを取る、Mr.BOOGIEMAN。なんてキュートな女性なのだろう。ステージ上をウロウロしているんだけど、それが不器用っていうか不慣れな感じが最高。しかしギターは超絶技巧という、素晴らしい女性だ。

弓木さんがわたしがいる側に来たとき、弓木さんは手を振ったのだが、あれは周りで一番ガン踊ってる僕に手を振ったとしか思えない。

素晴らしい女性だ……。

 

最後に高樹の「満室!」という叫びを聞けて良かった。わたしも「満室!」と言ってしまった。あと高樹のTシャツがピタピタだった。

 

キリンジ好きになってよかったなぁ

あと関係者席に泰行っぽい人いたけど泰行っぽい泰行じゃない人かなぁ