砂漠日記

相撲についての気持ちを中心に

KIRINJIのライブに行けた

KIRINJIのライブにいく予定はなかったのだが、「チケットが余りましたので良ければ」との連絡をもらって、二日前に急遽行けることに。

半休を取りました。六本木って普段全く用事がないですよね。エロい外国人がたくさんいてビックリしました。

 

すごい楽しかったです。とくによかった点を箇条書きにしたいと思います。

・高樹のMCが面白いけど、こんなに皮肉ばっか言ってていいのかな?って思う

・弓木ちゃんが突然めちゃくちゃギターを弾くので驚く

・カリスマドットコムの方が手持ち無沙汰だった

大正琴のようなものを弾いているおじさんがラップをやったりバンジョーを弾いたりしていてとても器用だった

都市鉱山をやったので悶死した

・ゴールデンハーベストをやっていた

 

なんかきょうは漠然と落ち込んでいて全然文章を書く気起きないですね

でもそんなの、人に書いてって言われてもなく、勝手に書いているだけなので「書く気起きない」もクソもありませんね。

KIRINJIの「AIの逃避行」がすごい

 KIRINJIの新曲の「AIの逃避行」が良すぎる。

 

 マジでいいんだぞ。

 

 


KIRINJI「AIの逃避行 feat. Charisma.com」Teaser

 

めちゃくちゃいいでしょう!!!!

 

歌詞も見てよ

 

AIの逃避行 feat. Charisma.com - KIRINJI - 歌詞 : 歌ネット

 

すごくないですか!!

 

https://itunes.apple.com/jp/album/ai%E3%81%AE%E9%80%83%E9%81%BF%E8%A1%8C-feat-charisma-com/1308798540?i=1308799620&uo=4

 

聞いて!ワーナーの回し者じゃないから!!!!

 

なにがいいって、もう全部いいんだよな。

曲調は、なんか、クラフトワークの人間解体に入ってる「メトロポリス」っぽいって思ったんだけども

 


Kraftwerk - Metropolis

 

みたいな、レトロフューチャー的な……そういう感じでボコーダーとか使われているんだけど、すごいかっこいいんだよ……

そういえば、クラフトワークのライブを2回観たことあるんだけど、「放射能」で「フクシマ」って画面に出た時の盛り上がりがすごかったな。

なんとなく「ここは、盛り上がっていいのかしら」って思ったよ。

 

歌詞もすごい。いまいちばん尖っているのは堀込高樹(48)だね。

もしかしたら1番頭のいい人かもしれない……。

でも将棋の羽生さんとかいるからって思ったけど、こういう歌詞部門では1番頭いい。そう思うほど。

 

ベテランなのに、こんなに新技術に対するアンテナがすごくて、なおかつ未来まで見据えており、聞いた人を肯定している……。

その肯定部分って、

 

 

いつから君は女 になったの

 

どうして君は男 でいるの

 

愛は自由で 形のないもの

 

今、静かに革命が起きているの

 

 

 

のとこなんだけど、すごくない?

 

AIの問題から全てのセクシャリティを持つ人間を肯定しているの!

ここはすごい。ここで救われる人は多いと思う。

ここがいちばんすごい!って思ったけど、全部いいんだよな。

フィメールラッパー全員同じ人に聞こえる病気にかかっているけど、ラップの部分も、すごく映像的で、つぎつぎと風景が切り替わるんだよね。

しかも創世記にもふれていて、もう本当に高樹はすごい。思わず、高樹の家族に嫉妬。

こんな歌詞を書ける人間に常日頃触れているなんて!嫉妬!

 

でも最後すごい切ないんだよね……どうなったんだろう。ダメだったのかな。

だけどシンギュラリティって2045年で、もっとはやくなるっていうし、きっと逃避行できるよ!大丈夫みたいな。

しかもAIがバイクで逃げてるのいいなぁ。逃避行してるAI、堀込高樹とカリスマドットコムの方で再生されるけどね…

この曲がたぶん今年1番すごいんじゃないか。

堀込高樹の俺の作る曲の幅が広すぎる件」みたいな一年だったけど(negiccoとか)年末に集大成を持ってくるなんて!

 

なんか聞いてて「秋元康死んじゃえ!」みたいな気持ちになったもん。

 

AIが独自の言語で話し出したっていうのはフェイクニュースだったんだ。信じてたよね。

 


AI vs. AI. Two chatbots talking to each other

 

これは、この曲の元ネタのAIじゃないけど、最後が。

がんばれ!堀込高樹、栃煌山!

 肩こりと寝違えで首回りがめちゃくちゃになっており、そのせいか鏡を見たら目の下が顔面神経痛でめちゃくちゃ痙攣していた。どうなってしまうんだ。

 

 昨日、駅で久しぶりの人と出くわし「随分太ったね!6キロくらい?」と言われる。

近所にめちゃくちゃ美味しいパン屋があることに気づいて、1日1個チーズフランスパンを食べていたせいだと思う。

 

 

 だけどこれは、おそらく全て、冬になりつつあり、日照時間が減っているせいだ。

放っておけばじき、治る。

 

最近はずっとキリンジを聞いているのだが、おもに「水とテクノクラート」と「唐変木のためのガイダンス」及び「茜色したあの空は」だ。

この三曲はイノセントな堀込泰行の歌声が聴けるので良いのだ。

兄が書いた歌詞の意味をなにひとつ理解していなさそうなところが良い。

あとはKIRINJIの新曲である「AIの逃避行」も聞いている。

かっこよさと、全ての人間を肯定する歌詞で泣いてしまう。すごいのだ。

 

そして場所中だがあまり相撲を見られていない。

しかし栃煌山がすごく負けているので悲しい。負けないでほしい。

それ以外にも、もう相撲がつらい。

そして激昂したあまり憤死しそうにもなる。

藤田紀子と、相撲記者と維新力に対してだ。関係ねえだろ!お前らは!

 

 

憤りながら顔面をピクピクさせ、太りながらキリンジを聞いている。

そんな生活。

帰省と相撲、兄高樹

実家に帰っていた。

滞在中ずっと天気が悪く、なおかつ寒いので体調がずっと良くなかった上に、家にはない体重計で体重を測ったら昨年から10kgも増量していることを知って絶望。

な帰った日は太陽フレアが地球を襲うと言われた日で「飛行機が影響を受けて墜落する」などと気が気でなかったし、きょうは実家上空を北朝鮮のミサイルが通過するなど平穏じゃなかった。

 

 

あとはキリンジのDVDや相撲を見た。兄高樹がどんなにノリノリな楽曲でも微動だにせず口角が下がった仏頂面であるところにばかり目がいく。

AIR GUITAR」というギターインスト曲があるのだが、ノリノリな楽曲な上に終始兄高樹のギターソロであるのに全く動かない。表情も動かない。さながらテイトウワのアー写玉城ティナとの楽曲のミュージックビデオ。

 

https://youtu.be/IvUapYCZeSA

 

 

しかし最近のインスタを見ると、表情が柔和で微笑みなんぞたたえているので、やはり赤ちゃんというのは顔面に感情を爆発させないと他人の気持ちがわからないものなので、2人の子持ちの兄高樹はそこらへんで表情筋が発達したのであろう。

 

もっぱらの関心はもちろん相撲。

むしろ関心を持ちたくないくらい、つらい気持ちで見ている。苦行である。

どうして見るのかと聞かれても、「ぎ…義務」と答えてしまうかもしれない。誰にも頼まれてないのに。

しかしこの土俵の惨状を目に納めなければ、相撲好きとして誠実でないのでは?などと、「それはもうノイローゼ?」みたいな思考にも支配されているのだった。

横綱が休みの時点で、ヤバいなと思ったが、宇良ピョンと高安が休み、照ノ富士の膝が悪化した時点で完全に相撲メンヘラ化。

 

というか照ノ富士は膝が悪化してるんじゃなくて、2年前からずーっと調子悪いんだよ!

なぜあの時休ませなかったのだろう。

たしか負傷した場所も、また横綱大関が休場しており、全体に相撲内容が充実しているとは言いがたく、照ノ富士は責任感を抱いて皆勤だったとか、負傷するまで優勝争いに絡んでいた、そんな感じだったと記憶している。

みんな「照ノ富士には把瑠都みたいになんないでほしい」と言い続けていたけど、もうどうなってしまうんだ……。

 

来場所は降格し、関脇だ!

 

あの時に休場して、降格してでも膝を良くしていたら、今頃綱取り…などと考えてしまうが、そうならなかったのだからどうもならない、などと言ってしまっては元も子もないが……。

 

ビッグマウス照ノ富士が大好きなのだ。

あんなにチャーミングで強く、生意気で魅力的なお相撲さんは勿体無い。

また日馬富士も休場してほしい。もうこんなに横綱が休んでいるんだから、三人休んでも四人休んでも一緒である気がするが、全横綱休場ってことはいままであったのだろうか。

ものすごく時代を遡って、「148年前にありました」みたいな記録があるかもしれない。

 

満身創痍の横綱に無理強いする横綱審議委員会は鬼畜である!

こういう人間が、無謀すぎるインパール作戦を指示したり、フィリピンを取られた時点で負けが決まっているのに沖縄を捨て石にし壊滅させたりするのだ……などと、左翼丸出しにして猛り狂ってしまう。そこまで思考が飛躍するおれはもはや「横綱審議委員会しばき隊」である。

 

 幕内は始終つらいが、幕下は大波三兄弟が強く、なおかつ朝興貴が調子いい。

 

こんな感じである。気を確かに。

栃煌山 Got Married!!!!!!

栃煌山が結婚!!

 

「最近みんな結婚しているなあ」と思ったら栃煌山も結婚!しかも美人な方と!しかも9月にお子さんまで……!

 

なんとなく、栃煌山の子どもは栃煌山にそっくりな感じがする。小学校で180cm(違うかも!)もあった栃煌山の子どもなのだから、もう出生時に5000グラムくらいあるかもしれないぞ……。

やはり、「男児だったら、お相撲さんになってくれたら最高だぞ」と思わずにいられないぼくです。

 

それにしても、お相撲さんの結婚って色々大変だね。巡業とか場所の関係で、「結果的にデキ婚だけど、本当は違うぞ」って人多そう。

 

番付も小結になったし、良かった!

でも妙義龍が十両だからヤダな。「幕内もどるんじゃないかな」ってなんとなく思ってました。

 

近況としては、引っ越したマンションがジェイコムの何かでインターネットが安いらしく、加入したことくらいしかなく、これはほとんどなにも起こってないのと同じです。

ジェイコムのインターネットなのは情弱っぽいね。しかもなんかBSのやつ(情弱っぽい)もついてきた(情弱)ので、まんまと「Netflixみたいなやつ(情弱)」で映画を見てしまいます。

 

昨日はシンゴジラを見ました。

ネタバレかもですが、在来線爆弾ってふざけてていいですね。

男性のキャラが割と居そうな感じなのに対して、女性のキャラがファンタジーな部分が気になりました。

あとゴジラの造形が、なんというかセクシーじゃないって思った。もっと、なんか「エイリアン」みたいな、マジな生理的嫌悪をもたらす要素(あれは、女性が嫌な気持ちになる虫とかそういうのを取り入れてるからすごいキモいらしいですよ。あと男性器)を入れてほしいなあと思いました。

最後の「ウワー知ってる街がどんどん壊滅していく!」みたいなところすごかった。

街と会議室だけで起こる箱庭な感じもいいなあ。

 

そんな感じです。

引越しをしたお盆

無事引越しが終わった。その日は記録的猛暑みたいな日で、気温が37度もあって、ぼくの平熱は35度すこしなので、微熱の人間の血管の中を泳ぐ気分でした。

引越しの数日前から、「壁紙の張り替えで莫大な金額を請求されたらどうしよう」という考えに支配され、ノイローゼ気味だったが、ちゃんとおわって良かったです。

 

新しく引っ越した街は、いかにもなベッドタウンという感じなので、前に住んでいた、夜ともなればショッキングピンクのセットアップを着たティカッププードルのようなホステスがドーベルマンみたいな男と腕を組んで闊歩し、「ポプラ」の韓国人店員に「弁当がヌルくね?」と怒鳴り、挙句に泥棒が入ってくる街とは桁違いに住みよいぞ!と思ったが、昨日いかにもな不良老人が居酒屋のキャッチを恫喝している様子を目撃してしまい先が思いやられます。

しかも前は、繁華街から「終電を逃したってタクシーで余裕」という距離に住んでいたので時間を気にせずいつまでも飲酒していたのですが、いまはもう12時にはお会計を済ませないと帰れない立地です。それを良しとするかは、難しいところですが、飲み過ぎないので痩せるといった考えは間違いで、全然家で飲むので太ってきました。

それに同じ街で残酷な殺人事件があったことも知ってしまいました。しかし庭木にザクロが植わっており、それをいかにして収穫するか、前の家のを使っているから寸足らずなカーテンから覗き見し、策を練っております。

しかしいま気づきましたがザクロというのは、熟れるとパックリと開いた皮の割れ目から赤い身が溢れるので、その様子はさながら切り裂かれた肉であり、殺人のメタファとしても通用するのではないでしょうか。不吉です。

 

莫大な金額がかかるので憤死寸前だった祖父の三回忌は行かなかったのですが、従兄弟の美人の配偶者が妊娠をしたそうです。従兄弟は偏差値が38くらいの「国際創造大学」みたいな大学の「グローバルビジネスサイエンスフロンティア学部」みたいな学部を出ているのにズルいと思いました。

 

堀込泰行は原節子じゃない

いままで馬の骨にあまり注意していなかったんだけど

 

 

 


燃え殻

 

 

 

堀込泰行が異様に垢抜けていて驚愕した。

 

 

 


堀込泰行 - エイリアンズ(Live 2016 at 大阪umeda AKASO)

 

 

 

この堀込泰行は「おじさんだね」って感じでわかるんだけど、

 

 

 


馬の骨(堀込泰行) Heart(カヴァー)LIVE (画質up版)

 

 

 

なんかイケすぎてない?

 

 

 


kirinji 2

 

 

おぼこい……

 

服ダサい……

 

 


キリンジ - グッデイ・グッバイ

 

 

お母さんが買ってきた服を着ているモンチッチくん状態からそんなに垢抜けるなんて!!

 

 

 

思ったんだけど、このショックは完全に「おれだけが可愛さに気づいていた委員長がある日突然コンタクトにしてサッカー部にチヤホヤされ始めた」みたいな、「あっ女を意識してる……」「セックスアピールしやがって!」「おれの委員長!」とか、オタクがいいがちな、そういう「黒髪以外全員ビッチ!」みたいな理論じゃないですか。

 

堀込泰行になにを期待しているんだろう。「永遠の処女」、原節子じゃないんだから。

 

いやですね、自分が。