読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠日記

相撲についての気持ちを中心に

妙義龍と色気

最近、妙義龍が好きだ。

以前はそれほどでもなく、みんなが「妙さま」とか言っているのを見ても「なぜだろう」と思っていたのだが、いまになり、がぜん妙義龍がキている。

 

ひとつのきっかけは、妙義龍がたぶん幕内の半ばあたりで、早々に勝ち越しを決めた際、インタビューを受けていたときに全く嬉しそうじゃなかったのを見たことだ。

つまり「おれがこの地位で勝ち越すのなんて普通ですけど?」ってことだ。

アナウンサーも「関取にとってこの地位じゃ当然と言っちゃあ当然かもしれませんが……」と、あまりの鼻っ柱の強さに言ったほど!

なんというプライドの高さ!

 

その次はたぶん、大関だった琴奨菊に変化したとき。普段妙義龍はまったくと言っていいくらい変化しない(プライドが激高だからそういった真っ向勝負ではないことをしないのが妙義龍イズムなのだろう)のに、変化をした。

琴奨菊といえば、変化を必ず食らうことでおなじみだが、あれはなぜ対策しないのだろう……この間の例の照ノ富士戦だって、対策をしない琴奨菊も…なんてことはどうでもよく、とにかく妙義龍が琴奨菊に変化した。

インタビュールームで、アナウンサーに「いつもは変化をしない関取ですが今日は変化しましたね」みたいなことを言われ、「ええ(しましたけど)」って言った。言葉少ななところも良い。

嘉風なら「楽しんで相撲を取りました。明日も楽しんで相撲を取ります」と言っているところだ。そんな嘉風もめちゃくちゃ好きだ。わたしは豪風嘉風も好きだ。それはまたの機会に…。

なぜこれにグッときたかというと、力士って変化で勝った時って「こんな勝ち方で…」とか「あまりいい相撲じゃない」とか言いがち。

なのに妙義龍の潔さったら!!!!!!

妙義龍はただ、「いつも変化しないおれが変化したら食らうでしょ?(大関なにやってんの?)」的な感じだったのだろう。

 

「ですけど、なにか?」(言ってないけど)

 

いいぞ!妙義龍!!

 

それと、これは妙義龍のファンの方が見たら気を悪くするかもしれないが、そんなプライドの塊の妙義龍が不本意な番付にいるところにもグッときてしまう。

プライドの高い男が不本意な相撲で自分の力を出せず、スランプに陥り、苦悩する姿。

なぜかわからないがそれを見て好きになってしまった。しかしそれは、妙義龍がまた力強い相撲で番付を戻すことができるという確信があるからこそ、光輝く瞬間なのではないか。

つねに「おれはこんなもんじゃないぞ」と、周りを睨みつける気高さのようなものをまとう妙義龍。

相撲の取り口も、非常にクレバーだし、わたしは妙義龍が出ていたCMのお茶を最近飲んでいる。

そういった部分が妙義龍の魅力なのだ。

色気は作れる。妙義龍。

キリンジっぽい相撲の歌詞を書いてみた

平幕優勝

 

小結だった記憶も遠く 三十路間近 小兵の俺

 

千秋楽 結びの一番 10度目の優勝狙う大横綱
いつかは鎬を削った仲なんだ
取的時代 分が良かったのは 俺だと忘れたのかい

 

ヤツは言ったさ 付け人に汗を拭かせ、「なるようになる」と
記者らは問う 大一番、作戦はあるのか? と
知っているだろう 俺の常套句 「自分の相撲を取るだけさ」

 

勝ち目はないと思っているんだろう?
自分の相撲を取るだけさ
オープンカー 用意しとけよ後援会
勝ち目はないと思っているんだろう?
自分の相撲を取るだけなのさ
鯛も賜杯も俺の腕に居場所を求めているんだ

 

疾風の立会い 俺の身体は刃になる
突き押して土俵際 電車道
夢物語だと笑うがいい
満場の国技館に紫の雨を降らせてやるのさ
受信料払っておけよ 明日の6時だぜ

 

 

 

キリンジにハマっている相撲が好きな人間のブログ

あまりにもログインしていなさすぎて、パスワードを忘れ「もうダメだ(このブログは廃墟……)」と思ったけど、大丈夫だった。やったぜ!

 

 ものすごい勢いでキリンジにハマっている。前から友人にすすめられて「ホホホ(^O^)」という感じで、アップルミュージックに入れてはあったのだけど、最近になって完全にやられてしまったんだ。

 もともとわたしはわざわざ気持ち悪い音楽を探してきてそこにアイデンティティを見出すタイプのキモい音楽好きだったので、キリンジをスルーしていて存在もおぼろげだった。知っているのは、なんかジャケットが脂ぎっているやつだけ。

 で、アップルミュージックに入れてBOUYANCYにはいっている「都市鉱山」とネオの「Mr.BOOGIEMAN」(両方ともいわゆるキリンジ感はない曲なのではないだろうか、前者はムーンライダース、あるいはトーキングヘッズ風のニューウェイブ楽曲で、後者はアイドルソング調のダンスソング?だ)を無限リピートしていたんだけども、テレビを見ていたら、能年玲奈(フェイバリット女優)が雑踏の中でこちらをみながら不安げな表情を浮かべているCMが流れてきて、

 


【公式】LINEモバイル: TVCM 〜 愛と革新。(交差点)篇 〜

 

すごくないですか?この求心力。

能年玲奈a.k.aのん、は「あまちゃん」で初めて知ったんだけど、「こんなに目が輝いている人間がいるなんて!」って、見るだけでその健気さにあてられて涙が出ちゃうんだけど、さらにそれに磨きがかかっていない?事務所騒動で色々あったから?薄幸さがいい味を出しているのかしら!

 

そのことに関しては長嶋有さんがこのコラムで、だいたい言ってくださってるんだけども(わたしは長嶋有さんも大好きで、「サイドカーに犬」を20回は読んでいてその度に泣きます)

digital.asahi.com

 

感動したね。まじでキリンジやばいっておもった。

それと同時に、「LINEがディグる前から、おれはキリンジを知っていたんだぜ」と、憧れの級長がメガネからコンタクトレンズに変えた時と同じ悲しさを思った。

 

なんだろうね、キリンジのこんな感じ。

聞いているうちに「わたしがいちばんキリンジを理解している」みたいな気持ちになるんだよな。

それに例えば上のCMに使われている「エイリアンズ」なら、無記名の地方都市の気怠さや「一生ここから出られないかもしれない」という閉塞感や、そう思いつつ「おれはこんなもんじゃない」というにおいが、歌詞やアレンジの妙でにおいとなって聞き手に迫ってくる。

それはわたしが地方都市出身だからかもしれないけれども。

しかもそこが地方都市、郊外だけども、手を伸ばせば「都会」とアクセスできそうな絶妙な近さであるけども、そこから積極的に出ようとしてもいないというような感じすらする。

 

ここで、話は長嶋有さんに戻る。

長嶋有さんもたしか郊外出身。というか室蘭とかで、これはキリンジがいうところの「僻地」だ。北海道出身のわたしが言うのだから、信ぴょう性がある。

キリンジの埼玉県より、よっぽどハードな郊外だ。

 芥川賞受賞作の「猛スピードで母は」もおそらく、モデルは室蘭市だ。上記の「サイドカーに犬」も、都内ではあるけれどもベッドタウン、たしか吉祥寺とか……が舞台だ。

わたしは勝手に「エイリアンズ」は夏か晩夏の曲だと思うのだけれど、「サイドカーに犬」にもそれと同じものが封入されている。読んでいない人がいるなら読んでほしい。

 夏休みが終わってほしくないみたいな。でもやることないし。みたいな。でもそれも悪くないな。みたいな。

 

すごい大事なこと言い忘れたんだけど、なんかもういいや。

長嶋有さんとキリンジ堀込泰行さんは同い年だし、兄の堀込高樹さんも同時代に地方で育った人間として、絶対にカルチャーに興味しんしんだったはずで、その情報へのアクセスのしにくささや、都会への距離感とか、そういうのを同じように感じていたと思う。そういうのが、行間からにじみ出ているよね。同時代性だな。同い年の人でも世田谷とかに住んでたらこんな感じになんないよ。

よく川崎出身とかでも「郊外出身」とかいう人いるけど、あれは郊外や地方都市を知らない人間の発言です。渋谷とかにアクセスできるもん。

なんかもうちょっとちゃんと書きたいよね、ここらへん。でもそしたら2万字くらいになるし、資料とか必要になっちゃうもんな。

 

長嶋有キリンジ、バイブスおなじだわな!

 

3

3

 

 

 

猛スピードで母は (文春文庫)

猛スピードで母は (文春文庫)

 

 アフィとかよくわかんない。

 

なんかめちゃくちゃになっちゃった!

春巡業だから、ツイッターにいっぱい画像が上がっていてうれしいね!またね!

 

リンクいっぱい貼ったけど全部見て。

 

 

砂漠力士

 

 

 

時天空の素晴らしいところ

 休養に入ってから常々時天空の体調の行方が心配だった。

 先日まで彼の近況がほとんど聞こえてこなかったからだ。

 栃煌山稀勢の里を倒しても、嘉風横綱を倒して館内が盛り上がっても、常に何かが足りない感じがしていた。一味足りないのだ。

 400円くらいするポン酢を使ったあとに、ファミマの自社ブランドのポン酢を買った時のように味気ない!!!!

 どうしようも、あの足技を多用するトリッキーな相撲が見たくて仕方がないのだ。幕内前半戦で常に変わった相撲を取り続ける「けたぐりおじさん」……、時天空慶晃!

 どの力士も「やってくるとはわかっているが食らってしまう」あの鞭のような脚!きっととても絶妙なタイミングをわかっているのだろう。

 

 時天空の相撲の魅力とはなんだろうか。とにかく時天空は素晴らしい力士だと思う。

 まず経歴が驚きである。柔道のオリンピック選手を目指していた青年が、帰国した際には教員になろうと思って日本の農大にやってきて、なんやかんやで角界入りをしたというのが入門の経緯らしい。なんやかんやの部分になにがあったのだ。

 しかも来日数年で卒業論文を日本語で執筆したというインテリジェンス溢れる一面も忘れてはいけない。

 それなのに、これは褒め言葉だが……そういったものを感じさせない相撲だ。

 ある意味でそういった入門までの紆余曲折がトリッキーな取り口につながっているのかもしれない。

 時天空の相撲を見ていて覚える違和感はそういうところだと思う。

 ほかの力士とは違う部分に勝機を見出しているとしか思えない。悪くいえば、ほんとうにこの言い方は悪いのだが、なんとなく無策な感じがする。

 しかしそれを完全に独自な「時天空の相撲」まで昇華させている。

 例えば小結の場所で迎えた横綱日馬富士戦。時天空は立会いですぐけたぐりをしようとしたが、常に相撲に全身全霊な日馬富士にあっさりそれを見切られて強烈に突き離されてしまったりする。

 新入幕力士に立ちはだかる曲者ベテラン力士じゃないんだぞ!横綱に通用しないよ!でもその感じ、好き!ありがとう!時天空!!!!!!!ウオー!!!!

 わたしはそういうところを愛さずにいられないのだ。

 佐田の富士戦での明らかに「まわし解いてるんじゃないの?」的なまわし待ったの連続や、里山に中へ入られたくないあまりにそれだけに集中して距離を取りすぎてしまいがちな点などもそうだ。

 そして横綱の露払いをしているときでも鋭い眼光。常に表情は苦み走っているのだ。

 そういう強面だから冷たい怖い人なのかと思いきや、巡業で写真や赤子の抱っこを求めると気軽に笑顔で応じてくれるというギャップ。

 わたしは写真を頼んだら携帯を奪ってセルフィーをしてくれようとして、しかも「あんた腕短いからダメね」と自らシャッターを切ってくれた。大好き!!!!

 

 いつかは復活してくれると思っていた。当たり前だがファンとして引退は寂しい。

 しかしこれは親方業をできるほど病気が回復しているという証拠でもある。

 時津風部屋正代や小柳などの威勢のいい若手が揃っているから、ぜひ東京農大の先輩として土佐豊と一緒に沢山指導してほしい。

 そして二人が三役などに上がる折には、ぜひ大根踊りを頼む!!

相撲とベッド・イン

巡業にも参加出来ず、鬱々とした生活を送っている。栃煌山もいないし、時天空の容体も心配だし、なんとなく悲しい。

いま北海道にいるのだが、盆が終わった途端めっきり寒い。夜は羽織物がなければしんどい。やってられない。

完全な相撲ロス状態であり、毎日録画した相撲を見ているが、母親が勝手に編集しているせいで、若荒雄が解説の日とかわいい朝弁慶の映像ばかりがHDDに残っており、かえってモヤモヤさせられる始末……。

そんな相撲ロス状態を癒してくれるのがベッド・インになりつつある。

ベッド・インは「地下セクシーアイドル」であり、バブルがコンセプトだ。

ツイートのクレバーさに日々驚かされている。下ネタとバブル用語を織り交ぜており、それをエゴサーチの後にものの数分で引用RTなどしているので脅威だ。そのサービス精神が恐ろしい。

たとえば、昨日よかったツイートを引用すると「100%So!かもね♡ ウチらの下半身いつもゲリ豪〜♪ゲリ豪〜♪な、穴とイキの女王であり、穴と吹きの女王でもあるんだゾ♡」だ。素晴らしい。

わたしは先日おギグ(ライブのこと)に行ったが、3時間みっちりパフォーマンスがあったので最後の方は疲労困憊だった。それほどに彼女たちはパワフルなエンターテイナーだ。

ベッド・インはいま先月出たアルバムのリリースによる、ある種の地方巡業をしている。力士と一緒である。

性徒諸クン(ファンのこと)がその巡業先で撮った写真をツイッターにアップしているのだが、どの写真も過剰なまでのサービス精神に溢れている。分け隔てなく神対応だ。

 

それは相撲協会に所属する力士たちにも通底する。

力士たちは巡業先で彼女たちのように、豊満な肉体を惜しげもなく披露する露出度の高い服装で握手などのファンサービスを行っている。

それに二人でステージ(土俵)に上がり、パフォーマンスをする点も同じ……。

などと思いながら晩夏を過ごしている。

このブログを見ている相撲ファンの諸クンも、ベッド・インをチェックしてほしい。

それにちゃんマイ(髪が短いほう。パイオツカイデー担当)は相撲好きであり、とくに日馬富士が好きだというのを以前きいたことがある。

わたしのブログでベッド・インの魅力を伝えられたとは思えないが、そこんとこよろしくね。ほんと楽しみだね、9月場所。

 

栃煌山のいない世界

わたしは参加できなかったが、毎日のようにTwitterで巡業に参加した皆さんがアップしてくれる写真やエピソードなどを楽しくみさせてもらっている。

今回は負傷者が多く、いつになく寂しい巡業になっているが、その中でいちばん注目すべきは貴乃花部屋の双子幕下力士の貴源治と貴公俊(貴乃花部屋バラモン兄弟)の初切であろう。

以前中野ロープウェイで二人を目撃し、図々しくも声をかけて写真など取らせてもらったのだが非常な好青年であり、オフ時にも笑顔で対応してくれた。

ちなみにキモい人間なので、一瞬でホクロの有無で区別がついたので同行者にドン引かれたのは言うまでもない。

貴乃花部屋の双子といえば、不自然な引退をした貴斗志と貴月芳もいたがその件は今回置いておきたい。一部屋に双子力士が二組いることにより、貴乃花親方が「角界のヨーゼフメンゲレ」と呼ばれていたとか、いないとか……。

わたしはドミーハーなので先場所三段目優勝を果たし、相撲Twitter実況界に愛らしすぎるハニカミ笑顔の衝撃をもたらした朝興貴の写真が溢れていることも喜ばしいことだ。以前から応援している、篠原や朝弁慶の写真が多いのもありがたい。

 

しかしそんな束の間の喜びがあったとしても、我々の心の根本に満たされぬ一抹のわだかまりがあることもまた、否定できない事実であろう。

それは栃煌山という存在。栃煌山のいない世界はなんて味気ないのだろう!

最近身体の負傷が多い栃煌山(ガチ心配)は今巡業不参加である。おそらく真面目な栃煌山であるから、ほかの巡業不参加の部屋の若い衆たちと合宿なりで九月場所に向けて身体の調整をしているのだろうが……。

栃煌山のあの笑顔、それと稽古熱心な相撲へのひたむきさ、それが見れないことは夏の悲劇であると言っても過言ではない。

早くもオーザンロスである。九月場所でおそらく三役復帰するであろう(わたしは番付予想などが苦手であるが、おそらくそうなのでは?)栃煌山に注目継続だ!

そして宝富士がインタビュールームで安美錦の状態を報告していたように、正代もまた時天空の具合を発表してくれればいいのに。そして快気の折には、ぜひ東農大名物の大根踊りをしていただきたい。

栃煌山の素晴らしいところ

わたしは栃煌山が好きだ。栃煌山って素晴らしくないですか?

栃煌山の素晴らしい点を述べたい。

まず見た目が素晴らしい。身体は色黒の筋肉質で締まっており、胸元には少々の胸毛が生えている。最近は右肩に生々しい傷跡があり、それは弟弟子によく胸を貸している証拠である。

そして栃煌山のもっとも重要な特徴のひとつでもある、キツく締めたまわし。茄子紺である。ヘソは出さずにかなりのハイウェスト気味である。

 

次に容姿について。

額は狭い。しかし、それは栃煌山の雄々しい雰囲気に繋がる精悍な要素のひとつだ。彫りは深く、眉毛は濃い。濃縮されて男臭さを感じさせる、頑丈そうな印象を残す。

土俵から降りると、優しい表情を見せるのに土俵上では常に厳しい三白眼気味の戦士のオーラを纏っている。彼は土佐からやってきた褐色の戦士である。

 

土俵上の姿を見れば一見こわもてだが(わたしはそうは思わない。一般的な話である)、その笑顔は好漢そのものである。人懐っこく、人が良さそうだ。

非常に強い立会いの当たりが彼の持ち味であり、それは横綱大関などの上位陣も常々警戒している。だからこそ変化などされてしまうのだが。

「くそったれ!」

変化をされるたびにわたしは対戦相手に対してついテレビ越しに呪詛の念を送ってしまう。栃煌山の優しさや、実直さにつけ込みやがって!

それは栃煌山の低い立会いの破壊力に対する敵前逃亡である。

栃煌山は変化をしない。たまにはするが、それは体調が悪い時であり、したあとのその表情は「こんなやり方で勝ってしまった」という自責の念が感じられる。

 

わたしの意見は完全なダブルスタンダードだが、それほどにわたしは栃煌山が好きだ。

 

しかしいつまでも変化を喰らうから、毎場所誰かかれかにされてしまう。来場所は、変化の対策と叩かれた時にばったり前に倒れてしまう点を直して是非関脇に復帰していただきたい。

わたしは栃煌山以外の力士が関脇なのが嫌なのだ。東が栃煌山なら、西は妙義龍。小結は、嘉風隠岐の海であってほしい。ないしは勢など。

 

栃煌山のことを考えていたらワクワクしてきてしまった。今夜は踊ろう。